SSブログ

フキノトウ味噌とひよこ豆のオープンサンド [Recipes Spring 春レシピ]

MB Hiyokomame Fukimiso open sando.jpg

春の匂いを運んでくる風、固い芽をつける木の枝、福寿草、梅の花、緑色の草、、、。

春の訪れを 感じさせてくれるもの いろいろありますが、その中でも、フキノトウは、格別です。

地面を一面 黄緑色で覆っている様は 見てるだけでも、気持ちを高揚させてくれますし、それを料理して食べても、独特の春の味を 堪能させてくれます。

私は、毎年、ふきのとう味噌を 作って、ご飯と食べたり、パスタにして和えたり、パンのお供にしたりして、心ゆくまで、春の味を楽しみます。

お味噌は、自分で作った 米味噌で作ることもあれば、やっぱり手作りの麦味噌で作ったり、購入した 白味噌や麦味噌で 作ることもあります。

味付けも、みりんと米あめを入れて、ちょっと甘みをもたせたり、甘味料は一切使用せずに、お味噌だけで 味付けすることもあります。

一般のレシピを見ると、たいてい、水につけたり、茹でたりして アク抜きしていますが、私は、そのようなアクの抜き方は しません。

フキノトウの味が、減ってしまいますから、、、。

ごぼう同様、切ったら すぐに 胡麻油で 気長に炒めて 空中にアクを飛ばしていきます。

アクが飛ぶのは、たいてい 匂いで判断します。 

とっても青臭いのが、 ちょっと甘みを伴ったような マイルドな匂いに変わった時です。

そこで、味噌と少量の水を入れて、練っていきます。

(甘味料を入れる場合は、その前に、酒なり、みりんなり、米あめを入れて 数分 練ります。)

お味噌の量は、好みで 加減してください。

ふきのとう味噌は、冷蔵庫ではしばらくの間、フリーザーに入れれば、長期間とっておけますので、いろいろな お料理に 活用してみてくださいね。

さあ、それでは、そんなふきのとう味噌で オーブンサンドを作ってみましょう !

材料 (2人分)

オーガニックひよこ豆 缶入り 大さじ2     人参    1/4本

ふきのとう味噌          小さじ2     玉ねぎ   1/4個

塩                  少々      練り胡麻  小さじ2

パン                4スライス

 

作り方

  1. ひよこ豆は 缶くささを取るため、熱湯でさっと茹でてから、マッシャーなどでつぶす。
  2. つぶしたひよこ豆と ふきのとう味噌を和える。
  3. 人参は、細い千切り、玉ねぎは 薄切りにして、それぞれ 塩をまぶして、数分おく。         その後、軽く水気を絞る。
  4. パンは、カリカリになるくらいまで トーストして、練り胡麻を ぬる。 その上に、               人参と玉ねぎ、その上に、ふき味噌とひよこ豆をあえたものを のせる。

 

ポイント

  • 缶入りではなくて、乾燥したひよこ豆を 柔らかく煮こんだものを使ってもいいです。 
  • ふき味噌の作り方は、前ページの文章を参照してくださいね。
  • 練り胡麻は、私は生活クラブのが好きです。 野菜の胡麻和えにしても スープに入れてもおいしいですよ!

毎月 満月に日に、「健康的な食事に変えたいあなたへ、マクロビオティックってなあに?」 という メルマガを配信しています。  

日々 感じたこと、玄米の炊き方、健康的な食事に移行するためのアドバイスなどを 盛り込んでいます。  

このブログの右上に、申し込みの枠がありますから、興味のある方は、是非、「購読」 を クリックしてくださいね。

Happy Cooking !

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0